東洋ソーラーの環境への取り組み

HOME > 東洋ソーラーの環境への取り組み

東洋ソーラーの環境への取り組み

現在の地球環境について

温室効果によってもたらされているもの

温室効果とは、太陽からのエネルギーで暖められた地球が放射する熱を、大気中の二酸化炭素などの温室効果ガスが吸収し、再び地表に戻すこと(再放射)をいいます。これにより、地球の平均気温は15℃前後と、生物が生きるのに適した環境に保たれてきました。しかし、産業革命以降、化石燃料を大量に燃焼させるなど、人の活動に伴って排出される量が急速に増えたため、近年は大気中の二酸化炭素濃度が上昇し続けています。

これまで起きたこととこれから起きること

過去100年間に地球全体の平均気温は0.3~0.6℃、日本では約1℃と急激に上昇しており、現在のペースで温室効果ガスが増え続けると、1990年から2100年までの全球平均地上気温は、最低でも1.4℃、最高では5.8℃上昇すると予測されています。
それがどの程度厳しい状況下にあるかというと、夏の気温が平年よりも2.1℃高かった1994年には、ダムの水が枯れ、農作物が育たず、プランクトンや昆虫が異常発生し、電気の利用量が増加し、熱中病患者が多数発生しました。5℃上昇すれば日本は熱帯地域となり、慢性的な食料及び水の不足、海面の上昇により砂浜の90%が消失、死亡率の増加及び伝染病などの流行も考えられます。

環境方針

そのためには:
  1. 環境への影響を調査及び評価し、当社の活動、製品及びサービスから発生する、環境に負荷を与えている主要な要因を効果的に低減または削減するため、技術的・経済的に可能な範囲で達成すべき環境目的及び環境目標を定めます。
  2. そのために環境改善計画を立案し、実施し、成果を評価して見直し、さらには次なる改善目的及び目標につなげるための環境マネジメントシステムを構築します。
    これには、当社の活動、製品及びサービスから発生する廃棄物のリサイクル化等、適切な汚染の予防活動も含めます。
  3. 当社には、順守しなくてはならない法律があります。これらの環境に関する法令、規制、条例、協定、その他の近隣の方々との合意事項等を順守するのみならず、自主的な環境管理基準を策定し、一層の環境保全を図ります。
  4. 要員に必要な教育・訓練を行い、環境保全意識が高く模範的行動がとれる人材に育成します。
  5. 地域の生活環境向上のための活動に積極的に参加します。
  6. 次の項目については、積極的に推進します。
      1) 環境に優しい製品の普及

      2) 工事に伴う廃棄物の節減
  7. 環境方針は、方針カードにして全要員にもたせ周知させるとともに、当社ホームページ等で開示し、一般の人が当社の環境方針を入手できるようにします。

2006年3月1日
東洋ソーラー株式会社
代表取締役社長 藤原 憲一

チーム・マイナス6%

チーム・マイナス6%とは

平成17年4月から「みんなで止めよう温暖化」を合言葉に、国民皆で一つの「チーム」のように力を合わせ、地球温暖化防止に取り組むことを目的に政府が展開する国民的プロジェクトです。

みんなで止めよう温暖化(チーム・マイナス6%)

※詳しくは「チーム・マイナス6%」公式ページをご覧ください。

東洋ソーラーは参加しています。

東洋ソーラーは、温暖化防止に取り組む国民的プロジェクト「チーム・マイナス6%」に参加しています。みなさまが毎日の生活の中で少しずつ温暖化防止を実践できるように、当社では、ホームエコエネルギーシステムの導入・市場拡大において「新エネルギー」、「省エネルギー」機器を中心とした事業展開を進めています。

新エネルギー機器の増進

太陽光発電システムの導入で、発電所における温室効果ガス排出量の削減を進めます。使用場所で発電することができるので、発電所からの送電ロスも低減でき、高効率な発電が可能です。

省エネルギー機器の増進

ヒートポンプ機器の導入と、IHクッキングヒーターの導入により、高効率で省エネ効果の高い製品の市場拡大を進めています。

しまねストップ温暖化宣言

しまねストップ温暖化宣言とは

島根県で、二酸化炭素排出量を2010年において2002年排出量の15%削減を目標とした「島根県地球温暖化対策推進計画」が2005年3月に策定されました。
この目標を達成するために「島根県地球温暖化対策協議会」が設置され、地球温暖化対策あるいは環境配慮型経営等に関する独自目標を設定し取り組む企業・団体等を「しまねストップ温暖化宣言事業者」として募集し、設定された目標を宣言するといった取り組みのことです。

しまねストップ温暖化宣言文
私たちは、地球温暖化防止に向けての取り組みを実施します。

環境に優しい製品の普及
太陽光発電システム、エコキュート等の環境に優しい製品の販売を通して、CO2の削減を推進する。

設置工事に伴う廃棄物の節減
廃棄物の分別を徹底し、リサイクルを推進する。
取引先へ製品の梱包材が必要最小限となるよう依頼する。

2005年10月20日
東洋ソーラー株式会社
代表取締役社長 藤原 憲一

みんなで止めよう温暖化(チーム・マイナス6%)

しまねCO2ダイエット作戦

しまねCO2ダイエット作戦とは

県民のCO2排出削減につながる環境に配慮した行動を、企業、団体、行政等社会全体で応援していくため、平成20年8月から始まった事業です。
事業に協賛した企業等からは、それぞれの立場から、県民のCO2削減活動を応援するために、ポイント加算や割引、プレゼントなど幅広いサービスが提案されています。
東洋ソーラーでは、太陽光発電システム又はオール電化設備を購入された場合、システムの10%を割引させていただくサービスを行っております。
す。